それとなく、ただ さりげなく

それとなく、ただ さりげなく

誰に問うわけでなく、誰に知らせるものでもなく、ただ 思いを綴り語る場所でありたい。

 

季の唄-さくらの季節

曆の上では春になりました でも、さくらの花はまだ咲きません また明日、きっと明日は
窓の向こうに見えるさくらの木 でも、今降るものは花でなくて 去る冬の忘れものです
さくらの花はまだ咲きません また明日、きっと明日は ふくらむつぼみに わたしは希望を重ねるのです



ひかりの長さも春になりました でも、さくらの花はまだ咲きません また明日、きっと明日は
少し早めのかさねで待ちます でも、今待つものは来る春でなく  彼からの恋文なのです
さくらの花はまだ咲きません また明日、きっと明日は 色づくつぼみに わたしは想いを重ねるのです

そして桜の花が散る頃までには、落ち着いた暮らしができるよう願いたいものである。


 
 

斎唄 - いわいうた -

悠久の時は流れゆき 鳥達は言祝ぐ 待ち侘ぶ季節の訪れを いまやいまやその時と
君と歩くこの道に 今日も陽は昇り 闇夜も等しく照り明かす 躊躇う足背中を押すように...



.....眠りの奥光満ちる 迷い子の手に導きを
幾千の夜を越えて結ぶ 新しき縁に祝福を 天より地より響きあう 君へ贈るは斎唄

また新たな新天地に誰がいわおう、そんな斎唄かな....


 
 

渓流開幕&解禁@牧田川水系 2017.04.15

今シーズンもいよいよ始まりました。いつもの順序でいつもの通り
たわいもないことだけど、そんな事が続けられるのが妙に嬉しい。



お互いに歳を重ね、お互いに老いを自慢しあう、そんなおバカな会話にも安堵感を感じ
まだ10年そしてもう10年、長いようで短く感じる釣友との関係、これからも大切にしていきたいものである。


 
 

長野空撮@松本市弘法山古墳

新潟から山梨へ移動となり、長野の自宅へ帰りやすくなって今年は桜の時期に間に合った。
でも満開には1週間ほど遅かったようで、翌日には半分が散ってしまった弘法山である。



そろそろ釣りに出ようかと思いながらも、まだまだ朝は寒い空気につい気が引けてしまう
長野県は地元の渓であり、今年の初陣はGWが明けてからにしようと思っているのでもある。


 
 

新潟空撮@村上市荒川鍬江沢川合流点

今年の下越地方は鳥インフルエンザで大騒ぎだったが、うまく事なきよう静まったのであろうか?
ここに集う白鳥にも影響があったのかな?と思いながらも、つい騒がしく空撮してしまったが
きっと鳥達にとってはエライ迷惑だったのに違いないと感じ、少し反省しながらの動画編集である。



まずは2年との事で新潟県に住み始めたのであるが、急な仕事の展開により1年で新潟を去ることになった。
少し寂しくもあり、そしてまた心残りな部分も多くあり、でもまぁ仕方ない。色々と感謝の新潟滞在であった。


 
<-   05 2017  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

藪沢釣蔵

Author:藪沢釣蔵

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング

Archive RSS